熊本で不動産屋と建築会社|株式会社リュディックホーム > 株式会社リュディックホームのスタッフブログ一覧 > 不動産売却時の必要書類とは?売却前や契約締結時などタイミング別にご紹介

不動産売却時の必要書類とは?売却前や契約締結時などタイミング別にご紹介

≪ 前へ|不動産の相続ではどんな税金がかかる?節税対策もあわせてご紹介   記事一覧   不動産売却における「現状渡し」とは?メリット・デメリットもご紹介|次へ ≫

不動産売却時の必要書類とは?売却前や契約締結時などタイミング別にご紹介

不動産売却時の必要書類とは?売却前や契約締結時などタイミング別にご紹介

不動産の売却をスムーズにおこなうためには、さまざまな書類が必要となってきます。
売りに出す前に取引の一連の流れを整理し、必要な書類を事前に揃えておきましょう。
本記事では、不動産売却に必要な書類を売却前・契約締結時・決済時のタイミング別にご紹介します。

売却する前に用意したい必要書類

住宅ローンで不動産を購入した場合は、いくら残っているのかを確認する必要があります。
ローンの残債額を目安に、不動産の売却価格を決定するためです。
確認する際には、正確に把握するために住宅ローンの償還表を用意しましょう。
住宅ローンの償還表は、ローンを組んだ金融機関から定期的に送付されます。
また、購入時に売主から受け取った物件のパンフレットがある場合は、こちらも用意することがおすすめです。
物件情報の詳細が確認できるため、募集広告を作成する際の参考になります。

契約締結時に用意したい必要書類

不動産売主が準備する必要のある書類の一つ目は、登記済証です。
登記済証は、その不動産の所有者が登記簿の名義人であることを証明する書類で、売りに出す物件が間違いなく本人の物であることを示します。
売主の実印が登録されている印鑑証明書と、その実印も準備しておきましょう。
また、固定資産税・都市計画税の納税通知書は手元にあるでしょうか。
固定資産税・都市計画税の納税通知書は、買主との間で税負担を調整するために必要となる場合があります。
最新のものを用意して、しかるべき割合で按分しましょう。
建物に関する情報を記載した建築確認通知書・検査済証も必要書類のひとつです。
この書類により、法令を満たした建築物であることを証明できます。

決済時に用意したい必要書類

決済時に揃える書類は、主に物件の登録や情報に関する書類です。
設備を残す場合は、設備に関する設備取扱説明書や保証書、アフターサービス基準書等を用意しましょう。
古い書類であったとしても、引き渡しておくと売却後のトラブルを防ぐことが可能です。
また、物件のパンフレットもある場合は、買主に引き渡すために用意します。
このほか、住宅ローンが残っている場合は、売却後に抵当権を抹消するために、抵当権抹消書類も必要になります。
任意売却以外は、抵当権を抹消しなければ売却ができませんので、忘れないよう用意しましょう。
このほかにも、売却する物件によって必要書類が異なるので、なにが必要かは不動産会社に確認をしてください。

まとめ

物件などを売却する場合は、タイミングによってさまざまな書類が必要になります。
購入時に受け取った書類が必要になることもありますので、大切に保管しておきましょう。
なにが必要かわからない場合は、必ず不動産会社に確認をしてください。
熊本で不動産屋と建築会社をお探しならリュディックホームにお任せください。
お客様のスタイルに合った理想の住宅を適正価格で建てるサポートをさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|不動産の相続ではどんな税金がかかる?節税対策もあわせてご紹介   記事一覧   不動産売却における「現状渡し」とは?メリット・デメリットもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リュディックホーム
    • 〒861-4202
    • 熊本県熊本市南区城南町宮地1002-1-102
    • TEL/096-430-9105
    • FAX/096-430-9105
    • 熊本県知事 (1) 第5706号
      建設業許可 熊本県知事 許可(般-4)第19800号
      一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3921号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る