熊本で不動産屋と建築会社|株式会社リュディックホーム > 株式会社リュディックホームのスタッフブログ一覧 > 住宅ローン滞納無しで任意売却を利用できる?難しい理由やメリットをご紹介

住宅ローン滞納無しで任意売却を利用できる?難しい理由やメリットをご紹介

≪ 前へ|土地を現金で購入するときにかかる費用!メリットとデメリットもご説明   記事一覧   住み替えローンとは?メリットや住み替えするときの流れについてご紹介|次へ ≫

住宅ローン滞納無しで任意売却を利用できる?難しい理由やメリットをご紹介

住宅ローン滞納無しで任意売却を利用できる?難しい理由やメリットをご紹介

任意売却と聞くと、住宅ローンの支払いが困難になり、競売にかけられる前にとる手段として考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし実際には、住宅ローンの滞納無しの状態でも、任意売却をおこなうことは可能です。
そこで今回は、住宅ローンの滞納無しで任意売却するメリットや、滞納無しでは任意売却の利用が難しい理由などをご紹介していきます。

住宅ローンの滞納無しでも任意売却を利用できる

任意売却は「住宅ローンの返済が滞ったあとに利用するもの」といったイメージを持たれがちです。
ただし、実際は住宅ローンの滞納無しでも任意売却はご利用できますので、ご安心ください。
任意売却の可否は、金融機関から同意が得られるかどうかによって決まります。
何らかの事情により、住宅ローンの支払いが難しくなる可能性が高まった場合は、できるだけ早く金融機関と交渉して任意売却の手続きを進めましょう。

住宅ローンの滞納無しで任意売却を利用するのが難しい理由

先述したとおり、住宅ローンの滞納無しでも任意売却を利用できますが、金融機関の同意を得るのは難しいと言わざるをえません。
任意売却が難しい理由としては、金融機関にとって回収できるはずだった金利を得られなくなる点が挙げられます。
また、金融機関は返済が滞った際の担保として不動産に抵当権をつけていますが、任意売却を認めると担保なしで残債のみが残ることも金融機関にとってはマイナスです。
基本的には金融機関と交渉して任意売却の同意を得る道を探ります。
ただ、どうしても同意を得られなかった場合は、あえて住宅ローンを返済せずに滞納を生じさせると良いでしょう。
滞納が発生すると契約違反とみなされ「期限の利益損失」により、住宅ローンの契約が無効になります。

住宅ローンの滞納無しで任意売却を利用するメリット

住宅ローンの滞納無しの段階で任意売却を持ちかけると、金融機関に相談する時間を確保でき、余裕を持って手続きを進められます。
住宅ローンを3か月以上滞納すると、信用情報機関に事故情報が登録される可能性が高いですが、これを阻止しやすい点もメリットです。
また、住宅ローンの滞納無しの状態ならば競売を回避でき、市場価格を大幅に下回る金額で売却する必要もなくなります。

まとめ

任意売却は住宅ローンの滞納無しでも利用できる制度ですが、金融機関から同意を得るのは困難になります。
どうしても任意売却を利用したい場合は、あえて住宅ローンを滞納し「期限の利益損失」の状態をつくると良いでしょう。
時間に余裕を持って金融機関と交渉でき、競売を避けやすくなりますので、任意売却のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。
熊本で不動産屋と建築会社をお探しならリュディックホームにお任せください。
お客様のスタイルに合った理想の住宅を適正価格で建てるサポートをさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|土地を現金で購入するときにかかる費用!メリットとデメリットもご説明   記事一覧   住み替えローンとは?メリットや住み替えするときの流れについてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リュディックホーム
    • 〒861-4202
    • 熊本県熊本市南区城南町宮地1002-1-102
    • TEL/096-430-9105
    • FAX/096-430-9105
    • 熊本県知事 (1) 第5706号
      建設業許可 熊本県知事 許可(般-4)第19800号
      一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3921号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る