熊本で不動産屋と建築会社|株式会社リュディックホーム > 株式会社リュディックホームのスタッフブログ一覧 > 土地の最低敷地面積とは?分筆してしまった土地の売却方法も解説

土地の最低敷地面積とは?分筆してしまった土地の売却方法も解説

≪ 前へ|住み替えローンとは?メリットや住み替えするときの流れについてご紹介   記事一覧   庭のある一戸建ての魅力とは?庭があるメリットや活用方法をご紹介|次へ ≫

土地の最低敷地面積とは?分筆してしまった土地の売却方法も解説

土地の最低敷地面積とは?分筆してしまった土地の売却方法も解説

土地を分筆していくと面積が小さくなりますが、それ以上小さくなると建物を建築できなくなる限界が、最低敷地面積です。
それを下回ってしまうと、その土地を売却することは難しくなってしまいます。
今回は、最低敷地面積とはなにか、その調べ方と、最低敷地面積を下回ってしまった土地の売却方法を解説します。

最低敷地面積とは

最低敷地面積とは、建物を建てるときに必要な最低限の敷地面積のことであり、敷地面積が最低限度以下の土地では建築確認がおりないため建物の建築ができません。
敷地面積の最低限度は一般的に100㎡で、これは分筆を繰り返した小さな土地に小さな建物を建てることで、建物の密集や日照・通風・防災面での環境悪化を防ぐことが目的です。
ただ、法令制定前から最低敷地面積未満であった場合は、法令による建築制限を受けないなども例外もあるため注意が必要です。
また法令制定後、最低敷地面積以下であっても派出所などの公益上必要なために建築できる建物もあります。

最低敷地面積の調べ方

最低敷地面積は大きくても200㎡以下とされていて各自治体によって違いますが、地域によっては最低敷地面積が設定されていないところもあります。
不動産の最低敷地面積を調べる場合は検索エンジンなどで「◯◯市 最低敷地面積」などのキーワードで検索をすれば調べることができます。
また、担当不動産の所在する市区町村のホームページでも調べることができるので「都市計画」や「まちづくり」のページから探してみると良いでしょう。
しかし、最低敷地面積の情報が見つからないときには直接、市区町村の役所に電話や訪問して聞くと良いでしょう。

最低敷地面積よりも小さく分筆した土地の売却方法

最低敷地面積の土地を分筆してしまうと買主が見つかりにくいだけでなく、売却価格も相場価格より安くなってしまうため売却が困難になるでしょう。
ですが、隣地の所有者に売却し隣地と合筆することで1つの土地として最低敷地面積を満たすようにすれば、土地の売却も可能になるでしょう。
他にも、隣地の所有者に売却するときと逆で、隣地の所有者から敷地を買取し、最低敷地面積を満たすようにする方法で通常の土地として売却できます。
また、売却が困難になった場合やできるだけすぐに売却したいときには、そうした物件専門の買取業者へ相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

最低敷地面積とは、建物を建てるときに必要な最低限の敷地面積のことであり、建物の密集による環境悪化を防ぎます。
最低敷地面積を調べる場合は検索エンジンやホームページなどを利用する、役所に直接聞くなどの方法があります。
最低敷地面積の土地を分筆してしまうと売買が難しくなりますが、隣の土地の所有者に売却するなどの方法も検討してみましょう。
熊本で不動産屋と建築会社をお探しならリュディックホームにお任せください。
お客様のスタイルに合った理想の住宅を適正価格で建てるサポートをさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|住み替えローンとは?メリットや住み替えするときの流れについてご紹介   記事一覧   庭のある一戸建ての魅力とは?庭があるメリットや活用方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リュディックホーム
    • 〒861-4202
    • 熊本県熊本市南区城南町宮地1002-1-102
    • TEL/096-430-9105
    • FAX/096-430-9105
    • 熊本県知事 (1) 第5706号
      建設業許可 熊本県知事 許可(般-4)第19800号
      一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3921号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る