熊本で不動産屋と建築会社|株式会社リュディックホーム > 株式会社リュディックホームのスタッフブログ一覧 > 住宅ローンの借り換えとは?活用方法や注意点をご紹介

住宅ローンの借り換えとは?活用方法や注意点をご紹介

≪ 前へ|空き家売却の最適なタイミングは?相場・築年数・住宅ローン金利から解説   記事一覧   新築一戸建て住宅の購入時に必要な登記の種類は?かかる費用も解説!|次へ ≫

住宅ローンの借り換えとは?活用方法や注意点をご紹介

住宅ローンの借り換えとは?活用方法や注意点をご紹介

住宅ローンは、一度借りたあとに借り換える形で、別の金融機関に乗り換えることも可能です。
では、何のために債務者の方は、住宅ローンを借り換えるのでしょうか。
そこで今回は、住宅ローンの借り換えとはなにか、活用方法や借り換えの注意点についてご紹介します。

住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンを組む際には、通常、1つの金融機関から借り入れをおこないます。
借り換えとは、既存の住宅ローンを他の金融機関で借りたローンで一括返済することを指します。
そのあとは、新しい金融機関から借りた住宅ローンを返済していくことになりますが、元のローンが完全に消滅するわけではありません。
ただし、もとの住宅ローンよりも金利の低いローンに借り換えることで、返済額の総額を減らせるなどのメリットがあります。
とくに、新旧のローンの金利差が大きく、残債が多く、残りの返済期間が長いほど、削減できる金額が増える傾向があります。
ただし、諸費用の支払いが金利差による削減額を上回る場合、借り換えの効果が薄くなる可能性があるため注意が必要です。

住宅ローンの借り換えを活用する方法

借り換えには、新たに住宅ローンを組み直すために手数料や諸費用が必要になります。
したがって、借り換えを利用して効果を発揮するためには、手数料を上回る金利差によって減額できる金額が必要になります。
金利差による減額が手数料を上回るタイミングでの借り換えがおすすめです。
具体的には、最初の住宅ローンよりも金利水準が下がり、金融機関が設定する利率が低下した時期や、現在のローンの変動金利が高くなり固定金利への移行が適切な時期です。
また、借り換えの際には、団体信用保険に加入する機会もあります。
保険の内容が手厚くなっている場合、一度借り換えて加入し直すことも検討するようにしましょう。

住宅ローンの借り換えに伴う注意点

住宅ローンを借り換える際に留意すべき点は、住宅ローンの残高、つまり残債です。
借り換えの利益を得るためには、以下の条件を満たす必要があります。
ローン残高が1,000万円以上であり、残りの返済期間が10年以上であり、金利の差が1%以上であることです。
これらの条件を満たさない場合、借り換えによる総額の削減は限定的であり、手数料がその削減額を上回る可能性があるでしょう。
また、借り換えによって返済期間が短くなると、住宅ローン控除の対象外になるおそれがあります。
さらに、住宅ローンを借り換える際には再審査が必要であり、書類の収集などの手続きが再度必要となることに留意する必要があります。

まとめ

住宅ローンを借り換えれば、金利を低くして返済総額を減らせる可能性があります。
しかし、これには一定のローン残高や返済期間が必要であり、効果が薄い場合も少なくありません。
また、ローンの借り換えの際は再審査や手数料、諸費用が必要になるため、出費が大きい場合もあります。
熊本で不動産屋と建築会社をお探しならリュディックホームにお任せください。
お客様のスタイルに合った理想の住宅を適正価格で建てるサポートをさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|空き家売却の最適なタイミングは?相場・築年数・住宅ローン金利から解説   記事一覧   新築一戸建て住宅の購入時に必要な登記の種類は?かかる費用も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リュディックホーム
    • 〒861-4202
    • 熊本県熊本市南区城南町宮地1002-1-102
    • TEL/096-430-9105
    • FAX/096-430-9105
    • 熊本県知事 (1) 第5706号
      建設業許可 熊本県知事 許可(般-4)第19800号
      一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3921号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る