熊本で不動産屋と建築会社|株式会社リュディックホーム > 株式会社リュディックホームのスタッフブログ一覧 > 不動産売却したい物件が結露しやすい原因とは?売却方法も解説

不動産売却したい物件が結露しやすい原因とは?売却方法も解説

≪ 前へ|セットバックありの土地とは?購入時の注意点や対象になる条件を解説   記事一覧   空き家を処分する方法は?更地にする・そのまま売却・譲渡の3つを解説|次へ ≫

不動産売却したい物件が結露しやすい原因とは?売却方法も解説

不動産売却したい物件が結露しやすい原因とは?売却方法も解説

売りたいと思っている建物に湿気が多く結露しやすい場合、スムーズに買主が見つかるかどうか不安に思う方もいるでしょう。
このような家を売る際には、なぜ発生しやすいのか、また、売り方のコツについても知っておくのが大切です。
ここでは、不動産売却したい物件が結露しやすい原因やデメリット、スムーズに買主を見つける売却方法についても解説します。

不動産売却した建物において湿気が多く結露する原因とは

不動産に湿気が多く結露しやすい原因の1つ目は家の構造です。
とくに外気が入りにくく室内の空気の循環が悪い高気密・高断熱の住宅や、熱伝導が高く断熱性が低いアルミサッシを使用した窓などが挙げられます。
2つ目の原因は、洗濯物の部屋干しをする機会が多い、加湿器をよく使うなど、生活の仕方です。
室内に湿気が溜まりやすい生活をしている場合、こまめに窓を開けて換気しなければカビの発生など建材に影響を与えるため、建物の老朽化が進んでしまいます。

不動産売却を検討している建物が結露しやすい場合のデメリット

結露しやすい不動産を売却する際のデメリットとして挙げられるのが、室内に湿気がこもり建物に水分が含まれるとカビやダニが発生しやすくなる点です。
また、アルミサッシや窓に付着した目に見えるもの以外に、内部結露と呼ばれる断熱材に発生するものもあります。
内部に発生した水分は拭き取れないため梁や柱が腐食するなど、家を傷める点がデメリットです。
他にも、高温多湿で多くの水分が含まれる木材を好むシロアリが発生しやすいデメリットが挙げられます。

結露しやすい不動産を売却する方法

結露しやすい不動産をできるだけスムーズに売却するための1つ目は、結露が発生しにくい状態に修繕してから売りに出す方法です。
ただし、この方法には高額な費用がかかる可能性がある点に注意しましょう。
2つ目は、結露の影響でシロアリ被害に遭った建物など場合は思い切って取り壊し、更地にして売る方法です。
この場合も更地にするための費用がかかるため、不動産会社と相談しながら決めるのをおすすめします。
3つ目は、傷みが激しくて一般的な売り方では買主が見つからない場合に、専門の業者に買取を依頼する方法です。
買取業者に売却すると一般よりも価格は下がりますが、早期に売れる、契約不適合責任に問われないなど、いくつかのメリットがあります。

まとめ

建物が結露しやすい原因は、家の構造や生活の仕方などがあります。
カビやダニ、シロアリなどが発生しやすくなったり、見えない部分の水分を放置すると家を傷めたり、デメリットも少なくありません。
結露しやすい物件は修繕して売りに出したり、更地にして売ったりする他に、買取業者に買い取ってもらう売却方法があります。
熊本で不動産屋と建築会社をお探しならリュディックホームにお任せください。
お客様のスタイルに合った理想の住宅を適正価格で建てるサポートをさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|セットバックありの土地とは?購入時の注意点や対象になる条件を解説   記事一覧   空き家を処分する方法は?更地にする・そのまま売却・譲渡の3つを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リュディックホーム
    • 〒861-4202
    • 熊本県熊本市南区城南町宮地1002-1-102
    • TEL/096-430-9105
    • FAX/096-430-9105
    • 熊本県知事 (1) 第5706号
      建設業許可 熊本県知事 許可(般-4)第19800号
      一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3921号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る